NEWS手越、W杯特番に生出演 明石家さんまの対応に視聴者「すごい違和感」

しらべぇでも既報のとおり、サッカー日本代表は、2018FIFAワールドカップロシアのグループステージ第1戦にて、コロンビア代表と激突。歴史的な大勝利をあげた。

そんな、世界を沸かせた名勝負の約2時間ほど前、W杯特番の内容をめぐり、インターネット上はある事情でざわついていた…。

■手越メンバーがロシアから中継

19日、日本代表の初戦を前に、W杯特番『さんま&手越の世界が生でワクワクするTV』(日本テレビ系)が放送された。

日本テレビ系でW杯のスペシャルキャスターを務める明石家さんま(62)が司会を担当。同局でW杯メインキャスターに就任しているNEWSの手越祐也(30)は、 試合が行われるロシア・サランスクから中継を行なった。

紺色のスーツをビシッと着こなし、しっかりとネクタイを締めて登場した手越は、「さんまさーん!」と明るくスタジオに呼びかけ、早くも熱気に包まれる会場の様子などをレポート。

手越と言えば、14日発売の『週刊文春』(文藝春秋社)および『文春オンライン』にて、未成年の女性と、酒が並べられたテーブルを囲ってパーティーをする様子が報じられている。そんな「未成年飲酒疑惑」から、W杯メインキャスターの座が危ぶまれていた。

■手越の登場にネット騒然

手越が堂々とリポートをこなす様子に、インターネット上は騒然。

同じく「未成年の女性への飲酒問題」を巡って、生放送で謝罪した後、活動自粛処分となっているNEWSの小山慶一郎(34)や、厳重注意を受けた加藤シゲアキ(30)との待遇の差に不満の声もあがっている。

あれ、手越君はお咎め無しなんだ。何が何やら。#ワールドカップ

— バンブー12 (@wellsaito) June 19, 2018

あんだけネットで騒がれてたのに、手越が普通にテレビでワールドカップの中継してて朝からびびった

fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる