究極のモヤモヤエンド…『花のち晴れ』最終回、白バック撮影に「納得できない」

『花のち晴れ』

『花のち晴れ』が最終回を迎えました。恵比寿ガーデンプレイスで晴(平野紫耀)と音(杉咲花)が出会ってキスか? と視聴者が楽しみにしていたラストシーン。

しかし、実際は背景が真っ白なスタジオ撮影のシーンが挿入され、視聴者はざわつきました。

■自分から別れを切り出す天馬

最終回のあらすじは、こんな感じ。

「音(杉咲花)への気持ちを断ち切れない晴(平野紫耀)は、父・巌(滝藤賢一)の提案で音の婚約者で桃乃園学院の生徒会長である天馬(中川大志)との武道大会で勝負をすることに。

英徳学園と桃乃園の戦いであると同時に、音をめぐる“愛とプライド”を賭けたぶつかり合いに、音は複雑ながらも天馬の応援席へ。試合当日、晴は天馬に柔道で秒殺され、右手首を負傷してしまう。

一方、天馬は音を襲撃した英徳狩りの首謀者が近衛(嘉島陸)だと知り衝撃を受ける」(『花のち晴れ』公式サイトより一部引用)

晴との最終決闘の前日、近衛が音襲撃の犯人であることが 天馬に露見。天馬はショックのあまり「僕の前から消えろ」と近衛を拒絶します。その後、行方がわからなくなった近衛。音は、近衛が飛び降り自殺しようとして、天馬に助けられた橋にいるのではと考えます。

天馬と音が橋に行くと案の定、近衛が立っていました。天馬を見た瞬間、「なぜ僕はこんなことをしてしまったんでしょう」としゃがみこむ近衛。すかさず音は近衛に近づき、「自分もたくさん間違えてきたから、近衛さんの気持ちがわかるよ」と優しく声をかけます。

一度失敗しただけの相手をずっと責め続ける人間にはなりたくない、ときっぱり宣言する音。強くなった音を見た天馬も、何か決心をしたように見えました。

■音の野菜炒め、再び

翌日、晴との決闘に負けてしまった天馬は、音の野菜炒めが食べたいとリクエストします。音は快諾し、天馬を家に呼んで野菜炒めをふるまいました。「おいしい」と微笑んだ天馬は、別れを切り出します。

強い音へ成長したのは自分ではなく、晴のおかげだと言う天馬。音が自分らしく生きるためには、自分と別れたほうがいいと提案します。

■「両思いになったら交通事故」韓ドラパターン?

天馬を傷つけたと後悔してボロボロと大泣きした音でしたが、天馬に笑顔で見送られ、晴に会いに行くことに。向かう場所はもちろんガーデンプレイス! 街を駆け抜けていく音…

しかし、なかなか晴に会えません。しかも走っている途中で白いバックのスタジオ撮影シーンに切り替わりました。

白バックのスタジオに、白いタキシードで現れた晴。ソフトフォーカスで撮影されて、二人の輪郭もボヤッとした様子です。これを見た平野くんファン(女性・30代・会社員)は…

「韓国ドラマって、両思いになった後に主人公が交通事故で亡くなる…みたいなバッドエンドが多いんですよ。このシーン見て、それを思い出しました。走って晴に会いにいく途中で、音は交通事故に会ったんでしょうか?」

視聴者からも…

「怖い! 音と晴、死んだの? 愛莉に殺された?」

「近衛に刺された天馬の空想シーンかな?」

「ガーデンプレイスで音と晴が出会ってキスシーンで終わってほしかった」

「白バックでダサすぎる…」

「なにあのラストシーン。不完全燃焼だよ!」

といった声があがりました。

■ラストシーンに事務所がダメ出し→追加撮影?

このシーンについて、ジャニヲタ(女性・30代・会社員)に聞くと…

「あの白バックのシーン、急いで追加で撮った感じもしますね。もしかしたら元の台本はガーデンプレイスで平野くんと杉咲花ちゃんがキスするエンディングだったのでは? 何かしらNGが出て急遽、台本を変えたんじゃないでしょうか?」

公式ツイッターの投稿を見ると、最終回のガーデンプレイスでの撮影らしきところで、平野くんも杉咲花さんもいます。

ふたりは同じ場所で撮影していたにもかかわらず、最後まで会わずにストーリーが終わったのはなぜでしょう? 謎は深まるばかりです。

#花晴れ 最終回をご覧いただき、そして3ヶ月間お付き合いいただき、ありがとうございました

fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる