ヤミ中絶の恐ろしさ。思わず震える10枚の写真

ライア・アブリルさんは、複数のプラットフォームを使って表現する芸術家だ。その作品では、非常に個人的で時に物議をかもす話題でもある、「女性であること」や「生殖に関する権利」を取り上げている。アブリルさんにとって、ともすると隠されたり誤解されたりしがちな話に光を当てるという行為は、どの国、どの時代の女性たちもしてきた経験についての物語を、オープンに語り合える方向へとシフトしていくことなのだ。

アブリルさんの作品シリーズ「On Abortion」(中絶について)は、女性たちが歴史の中でいかにして合法でも安全でもない中絶手術を受けてきたかについての真実の物語を、写真と文章で伝えている。作品は、「History of Misogyny」(女性嫌悪の歴史)と名づけられた、より大きな作品の一部だ。BuzzFeed Newsは、アブリルさんがこれまでしてきた調査について、そして近々発売される書籍「On Abortion: And the Repercussions of Lack of Access」(中絶について:そして受けられないことから生まれる影響)について、ライア・アブリルさんに話を聞いた。

注意:記事に掲載されている画像や文章は、妊娠を防いだり終わらせたりを目的とした、粗雑で効果のない、違法かつ危険な方法を描写している。こうした方法は、命に危険が及ぶ可能性のみならず、痛みや一生残る傷、出血、死をもたらす可能性がある。安全な中絶については、医療機関に相談するか、世界保健機関(WHO)の情報を参照してほしい。

ヒポクラテスの裏切り

Laia Abril

ブラジルのサンパウロ州にあるサンベルナルド・ド・カンポで2015年2月、19歳の妊婦が堕胎薬を摂取した。女性は腹部に痛みを感じ始め、おばが病院に連れて行った。医師は治療後、警察に連絡。中絶を試みたことを妊婦が認めないなら、胎児を検視すると告げた。妊婦は病院のベッドに手錠で繋がれ、保釈金約3万円強を支払うまで拘束が解かれることはなかった。

医師による告発はブラジルやペルー、エルサルバドルでは珍しいことではない。中絶を試みたとして通報された女性は、数週間または数カ月にわたり病院で身柄を拘束される可能性もある。多くの医師は、中絶の疑いがある場合には当局への通報が法的に求められていると主張するが、これは患者のプライバシーを守るという医師の職業倫理(ヒポクラテスの誓い)に反する。

このプロジェクトの狙いは、世界中にある「中絶を受けられないことから生まれる影響」を示すことだ。「受けられない」という意味は、単に法律の問題だけでなく、批判されずに無料で安全な中絶を受ける、ということがままならないということだ。こうした問題が解決されない限り、毎年4万7000人以上の女性が亡くなり、無数の女性たちの体や心に影響が残ることになる。他にも多くの女性が逮捕され、起訴され、裁判にかけられ、自由を奪われ、そして中には無理やり母親にならせられる。画像と文章は切り離せない。これほどまでに誤解され忘れられていた物語に光を当ててくれる概念を視覚化するために、彼女たちの物語が力となるのだ。

こうした画像のイメージは非常に地味になりがちだが、物語そのものは残忍だ。そこで起こっていることを隠すことはできない。しかし同時に、目に見えず、不快なものでもある。そして多くの場合、被害者に見せるのは危険でもある。しかしながら、何が起こっているのかを人に知ってもらうのは、私にとって非常に大切だ。そこで何が起こっているのかを何らかの形で目にし、権利を否定することにより何が起こるのかを知る。そこには、何千、何万という人たちの人生に生じた直接的な影響があるのだ。

この体の制作は私にとって、個人レベルでの深遠な学びだった。これまで考えたことがなかった、人生に関する倫理的な疑問に私は直面した。私の活動のほとんどは、自分の中で最も暗い部分へ通じる扉を開く人たちに基づいたものであり、他者に共感し他者を批判しないという私自身の性格に頼ったものでもある。しかしながら、自分は批判しないと信じていても、批判しない心が絶対ないというわけではないと学んだ。これは私にとって、人間が持つ最も純粋な疑問――生、死、決断を下す権利――について、深く考える経験となった。白黒はっきりしているものなど、何もないのだ。

編み針での手術

Laia Abril

立体的な体の横断面が示しているのは、手術道具ではないものを使って素人が手術した様子だ。妊娠中絶が違法の場所では、妊婦は自分の状態をできるだけ長いこと無視しようとする傾向がある。つまり、貴重な時間を無駄にしてしまうのだ。違法な中絶は大抵の場合、妊娠中期に行われる。この段階になると、卵膜を破裂させるために子宮頸部から器具を差し込まなければならない。これにより陣痛を引き起こし、胎児を排出できるのだ。他に方法があまりないため、女性は危険なこの方法を選ぶが、大けがや死にさえも直面することになる。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる