好きな人に彼女がいた…「次」に気持ちを切り替える方法9パターン

好きになった人に彼女がいた…。よくあることとはいえ、ショックは大きいはず。では、いつまでもクヨクヨしないためにはどんな行動をとるべきなのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の既婚女性393名に聞いたアンケートを参考に「好きな人に彼女がいることがわかったとき、『よし、次!』とサクッと気持ちを切り替えるための行動」をご紹介します。

【1】後悔しないよう、気持ちだけは伝えておく

「自分だけスッキリするようだけど、抱え込むよりはマシ」(20代女性)など、相手に気持ちを伝えれば、「言うことは言った」という満足感が得られることもあるようです。ただし、その一言でこちらになびくような男性と関係を深めるのは、「私もすぐ心変わりされるかも…」という不安を生むだけなので注意しましょう。

【2】彼がどんなに彼女のことを思っているか聞いてみる

「好きな気持ちが深いとわかれば、仕方ないと思えるので」(20代女性)など、自分を納得させるために、あえて好きな人の彼女に対する思いを聞く女性もいるようです。とはいえ、話の内容自体は自分にとって非常につらいものになるため、ある程度の覚悟が必要かもしれません。

【3】心の中で彼を見返すため、これまで以上に自分磨きに励む

「むしろ失恋後のほうが燃える」(30代女性)など、「もっとキレイになって後悔させてやる!」とがんばることで、いつの間にか気が晴れるという女性もいるようです。キレイになれば次なる出会いのチャンスも増えるでしょう。

【4】彼女の魅力を実際に確認することであきらめる

「素敵な人だとわかれば、あきらめもつきます」(20代女性)など、好きな男性の恋人を実際に見ることで、自分自身を説得する女性も。敵意を持って見つめてしまうと「私のほうが…」と張り合ってしまうこともあるので、あくまで「いいところを見つける」くらいの気持ちで確認したほうがよさそうです。

【5】今まで目を向けてこなかった彼のイヤなところを探す

「強がりですけど、ちょっとは冷静になれます」(20代女性)など、あえて彼のマイナス面を見て「付き合わなくてよかった」と自分に言い聞かせる女性もいるようです。ただし、周囲に彼の悪口を言いふらすと自分の評価まで下げるので、自分の心だけにとどめておきましょう。

【6】友達にボヤきまくって発散させる

「頼れるのは友達しかいない!」(30代女性)など、信頼できる友達に恨み節をとことん聞いてもらってスッキリするパターンです。ただし、会うたびにグチを聞かせ続けると、友達をウンザリさせてしまうのでほどほどにしておきましょう。

【7】幸せそうな二人の姿を見ることで納得する

「現実を目に焼き付けます」(20代女性)など、彼が彼女と楽しそうにしているところを見ることで、「私の入る余地はない…」と実感する女性もいるようです。あえて一番ショッキングなシーンを見ることで逃げ道をつくらないという捨て身の方法なので、当然傷つくことは頭に入れておきましょう。

【8】少しでも好感の持てる男性を見つけて「好きな人(仮)」にしてしまう

「気は紛れると思う」(30代女性)など、とりあえず好きな人候補を早めに見つけることで、思いつめずに済むこともあるようです。ただし、そのままの勢いで付き合っても長続きはしないので、単なる(仮)にとどめておきましょう。

【9】他の男性と出会えそうな機会を積極的に増やす

「出会いがないと後ろを振り返ってしまうので」(30代女性)など、自ら行動を起こすことで気持ちを切り替える女性は多いようです。ただし、手応えのない合コンを繰り返すと、「彼みたいな男はいない…」とよけい未練が募る恐れもありそうです。

いたずらに一人で思いを抱え込んでいると、未練にとらわれてしまうようです。あきらめざるを得ない状況に自分を追い込んだり、他のことで気を紛らわせたりと、自分で何かしらの行動を起こすことが大切なのかもしれません。(BLOCKBUSTER)

【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計393名(20代、30代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる