『FRIDAY』でグラビアデビューのテラハ美女・福山智可子 夢は「彼と2人の写真集」

さまざまな恋が生まれてきた人気恋愛リアリティ番組『テラスハウス』。2016年11月から放送されたシリーズ初の海外ロケ『ALOHA STATE』で、最終回に見事、玉城大志とカップルになった福山智可子。

先日は、『FRIDAY』で初めてのグラビアも披露し、活躍の幅を拡げている。しらべぇ取材班は、本人を直撃した。

■18歳でハワイに渡って10年暮らす

ハワイが舞台になったことで『テラスハウス』に出演することになった福山。それは、偶然のタイミングでもあった。

福山:大学入学をきっかけにハワイに住み始めて、10年くらい暮らしていたのですが、『テラスハウス』に出演したのは、日本とハワイを行ったり来たりしていた頃でした。ハワイでの生活が長かったので、日本に戻ってもなかなか馴染めないかな…と思っていたりもして。

「舞台がハワイだし、これは飛び込むしかない」と思ったのですが、もし日本に戻ったときに肌に合っていたら出演していなかったかもしれないですね。ちょうど迷っていた時期だったので。

■昨年末に帰国して彼と同棲

番組終了後は、彼としばらく遠距離恋愛となっていたが昨年末に帰国。その理由についても聞いてみたところ…

福山:大志くんとは「最終話でくっつく」という、申し訳ない感じで終わっちゃって(笑)。私たちの目標は、ロサンゼルスに引っ越すことなんです。

私はハワイで美容の学校に行っていたのですが、州が違うと美容のライセンスも違うので、ロスに行ってからあらためて資格をとれば、今ハワイに残って東京と遠距離を続ける必要はないなと思って。去年11月に帰国してからは、彼と一緒に暮らしています。

■仕事もプライベートも2人で

番組での印象が強かったこともあり、玉城と2人で仕事に呼ばれることも多いという。

福山:『テラスハウス』は、私の中では「芸能活動」ではなく事務所に入ってもいなかったので、ちゃんと始めたのは日本に帰ってきてからです。彼と2人での活動も多いですね。

仕事もプライベートも一緒でもストレスはなくて、恋人は恋人でも「何でも話す友達感覚」みたいな。彼はロス生まれのせいか、気持ちをすごくオープンに表現してくれるので、一緒にいてわかりやすいんです。お互いにそうなのかも。

ところで、実際に暮らしてみて、番組で見せていた人となりと変化はあったのだろうか。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる